スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〆そろそろ名前出す

別にそいつが人間じゃ無いわけじゃない。
時々そいつが「人間は解らない」と言うけれども、だ。

そいつは高校に上がってから一緒になった。
別に誰とつるむわけでなく、ただ呆然と毎日椅子に座って空を見ているだけで。
何をする訳でも無く、ただそこに居るだけだった。
苛められていたからじゃない、そいつがそう望んだからだ。


その、出来上がった空気が嫌いだった。


誰しもがそいつが一人で居ることを認知しようとしている。
そいつすらもが一人で居ることを認知しようとしていた。

それは、悪いことじゃなかった。



(望んで一人であるならば、俺もわざわざここまで不快感に苛まれる事は無かったんだ畜生)


でもそれはそうじゃなかった。
ただそいつは『知らなかった』だけで、知らない事すらを認知しようとしていた。







「おい」


話しかけ方は突然で、我ながら乱雑であったと反省しているつもりだ。

それでもそいつは初め、無視をしたんだからおあいこだろ。


「おいって」

漸く此方を向いたそいつは真っ白で、悪いと思っていた目付きはただ眠いだけなんだと一瞬で分かった。


つり上がった目を想像していたんだけどな


「…」
「…」



話しかけたは良いけど何を言えば良いのか解らない。

あー、えーっと、と少し言葉を濁らせて、気づけば周りの視線を集めている事に気づく。
当たり前だが、居心地が悪い。



「あー…ちょっと、来て、下さい」

「…ああ」





野郎二人で屋上だなんて、泣けば良いのか笑えば良いのか


「か、風が気持ちいなー」

棒読みにも程があるだろうと当時の自分に掴みかかりたい。
けど、本当にこうだったから今更ダメ出しなんかしない。

そいつは、そうだなと言ったかどうか。


それでも俺はわかる。

そいつはそれを『知った』。
少し不思議そうに首を傾けた。
自分の髪がくすぐったくて笑ったかもしれない。
確か当時のそいつは笑うことを知らなかったのでそれはあり得ない。
そんな事を捏造したので、やっぱり人の頭は曖昧に良いように作られてるらしい。

あるいはそうであって欲しかったのか




どっちにしろ、当時の俺には解らなかったんだけど。



「それで、私に何のようだ」

ごもっともだ。

俺はそいつに別に用は無かった、いや、有ったけど有って無いような物だった。
「いや、そんな、大したもんじゃ、無いような…ははっ」


そいつは、「そうか」と呟いただけで、教室にいる時みたいに空を見上げた。




「空、好きなのか?」


それは、ただの疑問。
教室に居た時から感じていた物で、それをぶつけただけ。



「すき」

別に言い切ったわけで無いのはすぐに解った。
間違いなくそいつはそれを呟いただけで、初めて聞く単語を噛んで、味を確かめていた。


「そうだな、『すき』かも知れないけれども

それは稲島が私に向けた『好き』とは違うのかもしれない



それでも私はもしかしたら空が珍しいだけで
それを確認しているだけかもしれない


そうすると、『すき』では無いのかもしれないな」

「イナシマ?」

「いや、すまない」と続けられ、沈黙。



空が珍しいって

幽閉されたお姫様じゃあるまいし



そう思ってそいつの背丈やがたいを確認して吹き出しそうになったのを覚えていた。
後にそれは吹き出すどころか、胸にどろどろとした感覚を残す『現実で』あると知るのだが
、まあ今は良い。

(無知は罪とはよく言ったもんだ)


本当に幽閉されたお姫様だったんだから




「じゃあ、此処に来れば良いじゃんか」


教室なんかに幽閉されてないで


「俺も来るし」


そいつは本当に驚いた顔で、一度空を見上げ俺を見た。



「そうだな

此処は、『すき』だ」












「カナ」
「っわっ!!何だよいきなり!!」
思い出に耽っていたらいつの間にかそいつがいた。
顔が近く、思わず後退りをする。

「カナ、メロンパン」
「ん、ああ、くれんの?」
「いや、美味い」



…何だよその報告バカじゃねえの!!


腹がたつからそいつからメロンパンを奪ってもしゃもしゃ食ってやった。
「あ…」と何か聞こえたが無視だ無視。


「あー確かに美味かった!!ごっそーさん!!」

文句ありげに見てきたそいつに何だよと一蹴して、俺は空を見る。
釣られてそいつも空を見上げて、あれっと思った。


「最近お前空見てないな」

それはあの時と同じで、ただの疑問だったが、あの時と違い、そいつはふと表情を緩め

笑った。








「お姫様はやめたんだ」








 ̄ ̄ ̄ ̄


おなかすいた
スポンサーサイト

〆\ヤンデレ祭りじゃああああ/

私は指に力を入れた。


少し苦しそうに喘いだ君はとても綺麗で、とても、綺麗で。
私の指、一つ一つに生かされている錯覚まで出てきて。

口許が緩んだ。


堪らない快感に、私は遂に手に入れられると信じて病まなかった。

の に


確かに手に入る筈だったのに、





君の笑顔が頭から離れなくて













突然解放された喉に、冷たい空気が入ってくる。
私は大きく咳をしながら、私の上で固まる君を見た。



「…あ…、ああ……、」

息切々にそれだけやっと絞り出した君は途端私より大きく咳き込み、



過呼吸



不規則に忙しく動く君の背中は激しく震えて私から転がり落ちた。

名前を呼ぶと跳ねる身体。
虚ろな目に浮かぶ涙。
繰り返す懺悔。






堪らず私は君を抱き締めた。











曇る視界はあまりにも惨めで、
それでも君が私を呼ぶ声に感じる優越感と独占欲は激しいもので。

暖かい、また別の息苦しさは心地好くて。


ならなんで
どうして私は




君を**そうとしたの


ぐちゃぐちゃになった私のそれは、吐き出す様に嘔吐した。

吐き出されるのはそれじゃないのにと、
ああ、君が汚れてしまうと、
何処か他人事のようになる私はそれでも君を

好きで
大好きで
愛していて
愛していて
愛していて
あいしていて
アイシテイテ
ああああああ

ああ
あああ












愛して




この期に及んでまだ醜く君にしがみつく私に

二度目の嘔吐が












「お゛、おえぇっ…!!ひぐっあ、はあっ、はっ、ひぅ…ごめ゛、ひっく、ごめ゛な、さ、あ゛はっ…!!え゛ええぇぇ、ごめ、なさ…!!う゛、うう゛っ」


途切れ途切れ
ぐちゃぐちゃになりながら懺悔し、吐き続ける君を構わず抱き締める。


「もう、いいから…!!いいから!!」


「う゛、う゛えええ!!!げほっげほっ、ごめ…なさ…ぃ、ごめん、な、さ…」


「いいの、いいから、許すから、許すから」



涙と汗と鼻水と嘔吐物と。
君をそれらが埋めていき、ぐちゃぐちゃに真っ直ぐな感情が私に刺さる。

まだ続く過呼吸に
まだ続く嘔吐に
まだ続く懺悔に




私は












「愛してるよ」



全てが止まった
、崩れた


崩された。


「や、やだ…」

身体が震える
小刻みに
先程とは違う
確かに違う



ゆっくり君がもう一度



「愛してる」



「や……い、やいや、いやいや…!!」



それは一番望んで

一番、駄目だと知っていた。


私は壊れたように首を横に振る。




しかし、君には届かず


最期に私を、
そうして私は、












「愛してるんだ」










だから許すよ。








君の笑顔が
そこにいて。










「許すよ」


そう言った私は、笑ったんだ。

君が一番好きだと言ってくれたそれで。




「ほん…とう…?」


君は涙で真っ赤に腫れた目で私を見上げる。




「本当」



はじめから全部




「ほんとに、ほんと?」



君は不安そうにまた目を潤ませた。
私はそこへ、愛を墜とす。



「本当だよ」



愛してる。



そうすると、君は呆然と下に目を落とし、舌足らずに「ほんとう」と何度も呟いた。



私は構わず抱き締める。




喉の奥に込み上がってくる、その感情が圧し殺せず
私は思わず口許を緩めた。







やった!!!
やったやったやったやったやったあ!!!!!!!

遂に、私の物だ!!!!!
君は、私の、私だけの!!!!!


喉に張り付いた喜びを飲み込むことが出来ず、身体を震わせ、どうにか吐き出す事を防いだ。
跳び跳ねたい身体をどうにか押さえるため、私は抱き締める力を強めた。


ここまで君をこうするのにどれだけ私が努力をしたか!!!
どれだけ私が時間を費やしたか!!!!!


舌足らずに君は呟く。



「なあんだ…あいしてたんだ…わたしの、わ、たわ、たしの、わたしだけの…きみだったんだ、なあんだ」


はは
ははははは


あははははははははははははははははははは


ひひひひひ
ひひひひひひ
ひひひひひひひひひひ



ひひ







は。


君は狂ったように笑って、最後に、私を強く抱き締める。

骨が軋む感覚にうっとりしながら私は君の耳元で囁いた。






「ねえ、君は?君は愛してくれてる?」






ねえ






「もち、ろんら、よ…












あい、し、てる」




君はそう言って
幸せそうに私に擦り寄った。






それだけでイケる気がした。













【ぐちゃ ぐちゃ】





*******

あ、やっぱワケわからん事になった。
ツイッターで盛り上がったヤンデレ話からこんな汚物が出来てしまった、やだ死にたい。
ヤンデレ可愛いよね!!
まじ可愛いわ!!うほほほ!!!


眠い!!!!!!!(泣)





寝る
あかんわ

見直しは思い出したらやってこれじたいを消します(真顔)

史上最悪の出来だわ…
死にたい……

〆テスト期間中って超お腹鳴る

彼女は喜んでいた。

熱く歓喜に体が震える。
ゆっくり息を吐いて何とか失禁するのを耐えた。



今日だ
漸く今日だ

彼女は震える肩をそっとさすり、口角をあげる。

右手に持った鎌に映る【彼女】に思わず感嘆の声が漏れた。





彼女が【彼女】に会ったのは正に奇跡だった。

【彼女】を見た途端、今まで自分の関わったもの全てが屑に思えた。

【彼女】が欲しい

それだけだった。




(ねえ、)
(どうしたの?)
(今日の放課後、空いてる?)
(改まっちゃって…)
(空いてる…かな…)
(空いてるよ、丁度良かった)




「私も用があったんだ」


喉の奥で笑いが込み上げる。
【彼女】も、私に、用があったなんて!!
嗚呼何て、
何て何て何て何て何て何て何て何て何て何て素晴らしいんだろうか



「…ん」
「!!」


【彼女】が少し唸った。
瞼がぴくぴく動く。
少し笑い過ぎたか、彼女は口に手を当てて息を殺した。
しかし【彼女】は覚醒せず、また小さく寝息をたて始めた。

ほっと一息をつく。



早く済まそう
早く済まして【彼女】とシたい
屍の【彼女】はどんな蜜を味あわせて下さるのだろうか


体に電気が走るようだった。

以前一度だけ男としたが、到底イケたもんでは無かった。
つまらなく、ただただ臭いだけだ。
死んでもこんなもんかとヤってる途中に煩わしくなり、首を落としてやった覚えがある。




しかし、【彼女】は生きながらにしてこうなのだから
永遠にこうなのだろう。


素晴らしい、素晴らしい素晴らしい素晴らしい素晴らしい素晴らしい素晴らしい素晴らしい素晴らしい素晴らしい素晴らしい素晴らしい素晴らしい!!!!



彼女は【彼女】に馬乗りになった。


右手に力が入る。

ああ、早く、早く彼女と
彼女を感じたい


右手を振り上げる。


「永遠に、永遠に一緒よ」


鎌を振り下ろす。
下ろす、つもりだった。




「奇遇ね、私も同じことを考えていたわ」


目の前には、【彼女】がいて。
【彼女】の左手は彼女の鎌を掴んでいて。
【彼女】は笑っていて。




ああ綺麗



見惚れている間に、【彼女】と彼女は入れ違いになっていた。

彼女に馬乗りになった【彼女】が、左手の鎌をくるくる、手の中で回していた。




「いきなり薬なんか打たれちゃうからビックリしちゃった、スグに起きたけど。でも、本当、途中何回も、我慢できなくて大変だったわあ」


【彼女】は鎌をぴたりと止めた。


「な、んで」
「なんで?貴女と同じような事よ」


【彼女】は彼女の乳房をぐっと掴んで、うっとりしたような恍惚の表情を浮かべた。


「ああ堪らない、今すぐにでも始めたいわ


貴女は生きていてもこんななんだから


きっと永遠にこんななんでしょうねえ」

【彼女】がにっこりと、また笑った。



「本当は貴女の後でも良かったんだけど、後じゃ、もう、無い事に気づいちゃったから、だから、ごめんね、ああ駄目、もう限界」


【彼女】は彼女の腹に鎌を突き立てた。


「ーーーーーっ!!!!」
「手を合わせて」



【彼女】の口からだらしなく涎が出る。



その、表情すらも綺麗だと感じる















私は






【いただきます】



*****
途中で飽きて大変な事になりました。

屍姦症のきちがいと、人肉嗜食のきちがいのお話です。

〆暗闇で裾引かれたらマジで泣く

くんっ



「…?」

突然、裾を引かれ私は足を止めた。




「…どうした」

引いた本人が一番驚いているらしい。
引いたは良いが、その手を次にどうするべきか必死に考えているらしい。


「……」

しょうがないので、子供が裾を引く理由を考えてみる。




「歩く速度が速かったか」

小さな頭を横へ二回。

「転びそうになったか」

二回。

「見失いそうだったか」

二回。














「居なくなると思ったのか」





体が強ばった。
思わず溜め息が出る。


「ごめ…なさ…」


じわりと涙が滲み始めた。

「…」

私はくるりと方向を代え、再び前を向く。




裾を離そうと、手の力が抜けていく。


裾から手を離し、私は子供の手を引いた。



「…え…」


子供は先程より驚き、その涙に濡れた目を見開いた。











「行くぞ」






始めは戸惑ったように恐々と
握る力を強めると
次はゆっくり確かめるように
最後に嗚咽を殺すように強く



私達は帰路を歩いた。























「とな」
「止めろよおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!////」


目の前には【子供】が、顔を真っ赤にして悶えていた。


「へー月姉ぇにもそんな可愛い時期がねえ」

風鈴がにやにやしながら、子供…塵虫を見る。

「やめっやめろよおおおおおおおおおおお!!!!!////なんでそんな話こいつらの前でするんだこの糞ドSめが「喧しい」(ばしいいいいいいんっ!!!)ぎゃあっ!!!!!!」

「ちょっ、月詠!!?」
「わー★今のは痛いね~W」
「大丈夫かな!?かな?」
「カん然に伸びてるゾW」



「さて、そろそろ帰る」

私は一発喧しい塵虫に入れたことで少し満足し、腰を上げた。

「帰れ帰れ!!!!!二度とくんな!!!!!!」

立ち直りが早い塵虫はキーキーと吠え始める。


「またねヨミ兄ぃ」
「また寄ってください暦さん!!」
「ばいばーい★」
「だー!!!お前ら!!!こんな奴呼ぶんじゃないよ!!!!」

喧しい声を背に研究所を後にした。













「…」



ふいに、





何故か先の話が耳から離れず、







くんっ




「!?」



裾を引かれた。







振り替えると、至極嬉しそうな【子供】がそこにいた。



「暦さんっ!!」


「ひ…より…?どうしてこんな所に…」


「坊っちゃああああん!!!暦さまああああああ!!!!」

後ろから如月がどたどた喧しく走ってくる。



「坊っちゃっげほげほ!!はやっはやいっ!!!おえっ!!!」

「何でお前達が…」

「近くに買い物に出たら偶々暦さんの匂いがしたので走ってきました」

「近く!!!!?坊っちゃん彼処は全く近くなんかじゃないですよ!!!!!?」

「さあ暦さん帰りましょう」

「坊っちゃああああん!!!?」




私はその光景を少し呆然と見つめ



「…あの時とは大違いだ」


「「え?」」


「帰るぞ」


日和の手を取り、私は歩き始めた。


「え…///えっ!!?///」








始めは戸惑ったように恐々と
握る力を強めると
次はゆっくり確かめるように
最後に緊張を殺すように強く



「(ここだけはそっくりだな)」



この後、狡いだの何だのと喚きだした如月が私の空いた手を取ろうとして
日和に刹那に蹴散らされていた。














【裾】




********
がっつり身内ネタWWW
オリキャラ「進め!!カナリア研究所」より
ちょっとした裏話でした。

〆天井のシミが人の顔に見えてびっくりする午前2時

私が彼を見つけた

目があって見つけた



天井にいる彼はずっと私を見ていた

だから私も見た


彼は私を見て笑った
私も彼を見て笑った

私は幸せだった
彼も幸せだった


そこはきっと裏の裏の嘘

彼は私を見つけた
(僕はあれを見つけた)
私は彼を見つけた
(僕はあれに見つかった)




(見つめたあれは歪めた)
(歪めたそれは僕を捕まえた)

私は彼を見て笑った
(僕はあれから目を反らす)
(しかし視線は無くならない)





見てはいけない私を


(見てはいけないあれを)



僕は見たんだ
(私は見たのね)







幸せだった





(嘘じゃないわ)









【反対】














*****


胃が痛い
普通に痛い
可哀想に・・・迷い込んでしまったんですね(含笑
キリの良い数字はしろい感謝祭です
こんな奴

白炉飴白

Author:白炉飴白
いらっしゃい

新しいしろい
新しいお米
白いかてごりぃぃいい
めぇる

名前:
メール:
件名:
本文:

さがす?
よその豪邸
お友達になる?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。